子供の入学式でのママの着物の選び方

子供の入学式に着物で参加するママの姿は、最近ではあまり見られなくなりましたが、入学式は着物を着る絶好の機会なので、ぜひがんばって着てほしいものです。
入学式は、4月のはじめごろに行われるので、ママが着物を着るには、寒くもなく暑くもなく、ちょうどよい季節と言えます。春らしいきれいな色合いのものでもいいですし、濃いめの色合いならば、帯の色や柄に少しでも春らしさが入っているとおしゃれです。
119_s
ふだんから着物を着なれていないママの場合は、美容院で髪のセットとともに着つけもお願いすることをおススメします。なぜなら、せっかくの着物姿も髪がきれいでなければ映えないでしょうし、専門家に着つけてもらうと、楽で着くずれなども少なく、お金と時間がかかってもそれだけの価値はあります。もちろん、自分で着つけができるママならそれもいいでしょう。

さて、着物にはいろいろな種類がありますが、入学式などのあらたまった場所には、つむぎなどの織りの着物ではなく、訪問着や色無地などのフォーマルな染めの着物を着用します。訪問着はもちろん色無地でも紋付きであれば、格が高く入学式などにはぴったりです。訪問着の柄は、おめでたいものや春らしいものであればいうことがありません。一方、紋のない色無地や小紋などは、少しくだけた感じになります。その場合でも、帯の格を高くすれば大丈夫です。
帯については、織りの袋帯がおススメです。ママはミセスなので、結び方は二重太鼓になります。帯締めや帯揚げなどの小物選びも大切で、金銀が入っているなどのフォーマルなものを使います。草履やバッグも同様です。髪飾りもあまり目立ちすぎない上品なものを選びましょう。

入学式の主役は、やはり子供であり、ママがあまり目立ってしまうと、会場の中で浮いてしまいます。全体として、派手になりすぎず、エレガントでさりげなく、かつおしゃれに仕上げたいものです。きれいなママの姿を見て、お子さんが喜ぶことは、間違いありません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>